1. HOME
  2. ブログ
  3. 受発注システムを無料で使う方法とおすすめのシステム、失敗しないコツをご紹介します!

受発注システムを無料で使う方法とおすすめのシステム、失敗しないコツをご紹介します!

「無料で使える、実用的なWeb受発注システムってあるのかな……」
「そもそもWeb受発注システムを導入すると、どんな効果があるんだろう……」
と思うことはありませんか?

今回の記事では、

  • 無料システムと有料システムの大きな違い
  • 受発注システムの具体的なメリット
  • 無料で使える中でおすすめのWeb受発注システム

などについてご紹介します。

「無料」といっても、最初だけ無料などの注意点がありますので「失敗しないコツ」についても併せてご紹介します。まずはご一読ください!

Web受発注システムは無料でも導入できる?

結論からお伝えすると、Web受発注システムは無料でも導入できます。ただ実際のところ「無料」と一口に言っても、以下のように2通りの意味があります。

①期間限定の「無料お試し期間」を利用するケース
②機能を限定した「無料プラン」を利用するケース

①の無料お試し期間があるWeb受発注システムの場合は、期間を過ぎれば月額費用がかかってしまいます。ただし、無料プランで利用できる場合よりも機能が豊富なケースが多い為、無料で導入したい理由が「お金をかけずに費用対効果を検証したい」と思っている方におすすめです。

②の「無料プラン」の場合は一部機能のみの利用になったり、システムを利用できる人が1人に限定されたりします。システムに合わせて使い方を工夫する、もしくは業務に合ったWeb受発注システムを選べば、費用をかけずに業務効率を上げられる可能性もあります。

「これからWeb受発注システムを試してみたい……」という方には、どちらの無料版もおすすめです!

では、有料版とはどう違ってくるのかもう少し具体的にお伝えします。

無料と有料のWeb受発注システムの大きな違いとは?

無料と有料のWeb受発注システムの違いは、大きく分けて以下の3つ。

1.サービス利用できる人数
2.利用できる機能の範囲
3.困った時のサポートの有無

最も大きな違いは、「サービス利用できる人数」です。無料プランの場合は、利用者を1人のみに限定したケースも多いです。複数人で利用を考えている場合は、無料プランで利用できる人数を確認しておきましょう。

また先ほどお伝えした通り、無料で使えるWeb受発注システムは機能が制限されていることが多いです。自社の業務が効率化できる機能が備わっているか、確認しておくと良いでしょう。

使い方などで困った時のサポートについても、事前に確認しておくのがおすすめです。無料プランで「メール」を使ったお問い合わせができても、「電話」で問い合わせできないケースもあります。

Web受発注システムはそもそも導入すべき?メリットをわかりやすく解説!

ここまで読んで、「Web受発注システムが無料で導入できるのはわかったけど、そもそも導入すべきなのかな……」と思った方もいるのではないでしょうか。

無料とはいえ自社に合ったWeb受発注システムの選定に時間はかかりますし、導入後も効果測定などの時間がかかってしまいますよね。

ただWeb受発注システムには、それを補って余りあるほどのメリットがたくさんあります。

■発注業務でのメリットの例
・発注書を書き間違える心配がなくなり、誤発注のリスクが減る
・24時間いつでも発注できるため、発注タイミングを意識しなくて済む

■受注業務でのメリットの例
・発注書の読みにくさによる、注文受付を行った後の電話確認する手間が減る
・受注データから伝票・納品書などが作成できるため、再入力の手間がない

受発注業務にかかる「時間」や「業務中のミス」などを減らし、業務効率を引き上げることが可能です。以下で詳しく解説しているので、メリットをより深く知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

無料のWeb受発注システムを選ぶときに失敗しないためのコツ

Web受発注システムは、種類がとても多いです。1つずつじっくり見て見極めることもできますが、時間や手間がかかってしまいますよね。

自社に最適なWeb受発注システムを見極めるときは、以下3つの視点で見極めるのがおすすめです!

1.業務を効率化できる機能があるか?
2.業務の利用シーンに合わせた使い方ができるか?
3.導入にかかる費用や無料プランの有無は?

特に重要なのは、業務効率化につながる機能があるか確認することです。たとえばよくある商品を発注する場合は、発注履歴から再発注できる機能があると便利ですが、機能がなければ毎回入力しなおさなければなりません。

「いつも通り業務がこなせるか?」という視点だけでなく、「Web受発注システムを導入した時作業負荷が増えないか?」といった視点でも確認しておくのがおすすめです。

無料で使えるWeb受発注システム3選

ここからは、無料で使えるWeb受発注システムを4つご紹介します。

ただ、「じっくり見る時間が惜しい…とりあえず概要をざっくり知って試したい…」と思っている人もいるのではないでしょうか。

そんな方に向けて、無料で導入できる4つのWeb受発注システムを、表にまとめました。

ざっくり特徴を見て選びたい方は、表を利用してみてくださいね!

システム名 特徴
CO-NECT ・発注・受注どちらも無料で使える
・スマホ・タブレットからも利用でき、画面がシンプルで使いやすい
・受注機能のみ、機能を増やした有料プランがある
COREC ・発注・受注どちらも無料で使えるプランがある(一名のみ利用可)
・複数人で使えるプランも月額980円~と、導入しやすい価格
MOS Lite ・スマホ・タブレットに特化したWeb受発注システム
・30日間無料トライアル期間あり(以降は月額19,800円)

では、1つずつ解説します。

1.CO-NECT


(出典:https://conct.jp/

『CO-NECT』は、受注・発注どちらも無料プランが用意されているWeb受発注システムです。スマホやタブレットから発注できるだけでなく、発注履歴から再発注もできるため、発注にかかる作業を大幅に削減できます

またアカウントを登録すればすぐに使える「クラウド型」のサービスなので、試してみたいと思ったときにすぐに利用できます。

受注機能のみ有料プランがありますが、担当者が1人の場合は「無料プラン」が利用できます


(出典:https://conct.jp/lp/supplier

アカウントを登録すればすぐに利用できるので、「まずは使ってみたい……」という方におすすめです!

システム名 CO-NECT
特徴 ・スマホ・タブレットから利用でき、画面がシンプルで使いやすい
・FAX・メールなどの、複数の発注方法への対応を継続できる ・専用の発注画面から受注できるため、データを再入力する手間がかからない
・受注データから出荷伝票、納品書が自動で作れるため、作成の手間がかからない
初期費用 0円
無料期間の有無 有(受注機能のみ、複数人で利用できる有料プランあり)
無料プランの有無 有(受注・発注どちらも無料プランあり)
月額料金 9,800円~(受注機能の有料プランのみ)

2.COREC


(出典:https://corec.jp/

『COREC』は、会員登録すればすぐに使えるWeb受発注システムです。

こちらもスマホやタブレットで利用できるので、これから使ってみたい方にもおすすめです。また有料プランも980円からと、導入しやすいのも魅力的ですね。

システム名 COREC
特徴 ・発注・受注どちらも無料で使えるプランがある(1名のみ利用可)
・複数人で使えるプランも月額1,980円と導入しやすい価格
初期費用 0円
無料期間の有無
無料プランの有無 有(受注・発注どちらもあり)
月額料金 受注(1,980円)、発注(980円)

3.MOS Lite


(出典:https://www.moslite.jp/

スマホやタブレットなどの使いやすさに特化した、Web受発注システムです。30日の無料お試し期間がついています。

パソコンに向き合って受発注業務を行う時間よりも、スマホやタブレットでの操作時間が多い方におすすめです!

システム名 MOS Lite
特徴 ・スマホ・タブレットに特化したWeb受発注システム
・数タップで簡単に注文できるため、使いやすい
初期費用 0円
無料期間の有無 有(30日間無料トライアル)
無料プランの有無
月額料金 19,800円

まとめ:無料でWeb受発注システムを導入して、業務効率化につなげよう!

今回は、無料で導入できるWeb受発注システムについて解説しました。最後に、ここまでの内容をまとめます。

・無料で導入できるWeb受発注システムはある
・有料プランとの違いは、「サービス利用者の人数」「利用できる機能の範囲」「困った時のサポートの有無」の3つ
・Web受発注システムを選ぶときは、自社の業務効率化につながる機能があるかが重要

無料で導入できるWeb受発注システムを試して、自社の業務効率化につなげてみてくださいね!

無料で導入できる『CO-NECT』の詳細はこちら!


 

関連記事