1. HOME
  2. ブログ
  3. LINEと受発注システムを連携して発注するメリットは?使い方も画像付きで解説!

LINEと受発注システムを連携して発注するメリットは?使い方も画像付きで解説!

「LINEで発注できたら便利だけど、できるのかな?」
「LINE連携できるとしたら、どんなメリットがあるんだろう?」
と思うことはありませんか?

今回は、LINEとWeb受発注システムを連携するメリットや、具体的な連携方法について解説します。

「実際の使い勝手も確認したい!」という方向けに、実際にLINEから発注する流れも画像で解説しているので、まずはご一読ください。

LINEとWeb受発注システムを連携して発注する3つのメリット

LINEとWeb受発注システムを連携して発注するメリットは、以下の3つ。

1. LINEさえあればすぐに使えるので、新しくアプリを入れる必要がない
2. 片手で発注できるので、仕事が忙しくても発注しやすい
3. 外出中でパソコンが開けない状況でも、簡単に発注できる

1つずつ詳しく見ていきましょう。

1.LINEさえあればすぐに使えるので、新しくアプリを入れる必要がない

LINEとWeb受発注システムを連携するとき、「別途アカウントを登録したり、専用のアプリを入れたりするのに抵抗がある」という人もいるのではないでしょうか。いくら便利になるとはいえ、LINEで発注するまでの準備に時間がかかるのは嫌ですよね。

でも、ご安心ください。

LINEで発注するときは、基本的に「LINEアプリで、受発注システムのアカウントを友達に追加するだけ」なので、準備に時間がかかりません。

たとえばWeb受発注システム「CO-NECT」の場合は、CO-NECTのLINE公式アカウントを友達に追加すれば、トーク画面から簡単に発注ができます。

具体的なLINEとの連携方法、発注方法については後述します。

2.片手で発注できるので、仕事が忙しくても発注しやすい

LINEから発注できる最大のメリットは、「普段スマホでよく使うLINEから、すぐに発注画面を起動できる」という点です。仕事で忙しいときにWeb受発注システムをブラウザで開くのは、少し時間がかかりますよね。

しかし連絡手段にも使っているLINEアプリから発注できれば、忙しくても片手で発注ができます。また、次のように「ピン留め」機能を使えば、LINE画面の上部に「トークを固定」も可能

そのため、トークの場所を探す時間もかからないのです。最短最速で発注ができるので、忙しい人の味方になってくれます。

3.外出中でパソコンが開けない状況でも、簡単に発注できる

仕事の都合で、外出する機会のある方もいるのではないでしょうか。ただ、移動中に席に座れず、パソコンがなかなか開けないことも多いですよね。また電車の中や家に帰ってから発注漏れに気づく事もあるはず。

このような場合でも、LINEで発注できれば時間を有効活用できます。忙しさや発注する場所に縛られることなく、すぐに発注できるのです。

以上が、LINEとWeb受発注システムを連携するメリットについてです。続いて、LINEで発注するための具体的な手順について解説します。

ここからは、無料かつLINEと連携して発注&発注履歴が確認できる、Web受発注システム「CO-NECT」を例に進めていきます。登録がまだの方は、事前に無料登録しておきましょう。

無料でCO-NECTを始める

【画像付き】LINEで発注するための具体的な手順を解説!

ここからは、以下の順に「LINEで発注する方法」を解説します。

・1:CO-NECTとLINEを連携する手順
・2:LINEから発注する手順

LINEで実際に発注するイメージを知りたい方もぜひご覧ください。

CO-NECTとLINEを連携する手順

CO-NECTとLINEを連携する手順は、以下の3ステップ。

1. CO-NECTのLINE公式と友だちになる
2. トーク画面を開き、「CONNECT IDのログインはこちらから」をタップ
3. 「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、「ログイン」をタップ

※2020/8時点

手順の数も少なく、連携にほとんど時間もかかりません。1つずつ詳しく見ていきましょう。

1. CO-NECTのLINE公式と友だちになる

まずは以下のURLを開いて、CO-NECTのLINE公式アカウントを友だちに追加しましょう。

CO-NECTのLINE公式アカウントを友だちに追加する

2. トーク画面を開き、 「CONNECT IDのログインはこちらから」をタップ
3. 「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、「ログイン」をタップ

これで、連携が完了です。連携完了直後は、次のような画面が表示されます。

そしてトーク画面を表示すると、メッセージが追加されているはずです。

連携の確認もできたので、続いて実際に発注する手順を解説します。

LINEから発注する手順

LINEから発注する手順は、以下の5ステップ。

1. トーク画面で、発注メニューを開く
2. 「発注する」をタップ
3. 発注先を選びタップ
4. 発注する商品を選択・編集し、下にスクロールして「確認する」をタップ
5.納品希望日や備考を追加し、下にスクロールして「メールで発注書を送信する」をタップ
(FAX番号が登録されている場合は「FAXで発注書を送信する」、発注先がCO-NECTを利用している場合は「発注する」ボタンが表示されます)

手順は5ステップですが、実際にやってみると1、2分で発注ができます。こちらも、1つずつ詳しく解説します。

1. トーク画面で、発注メニューを開く
2. 「発注する」をタップ

3. CO-NECTの発注画面で、「発注先」をタップ
4. 発注する商品を選択・編集し、下にスクロールして「確認する」をタップ

5.納品希望日や備考を追加し、下にスクロールして「メールで発注書を送信する」をタップ


これで、発注ができました。発注が完了すると、トーク画面に次のようにメッセージが届きます。

また、メニューから「発注履歴」をタップすれば、発注履歴もすぐに確認できます。


ここまで、実際にCO-NECTを使って、LINEと連携して発注する手順を解説しました。
実はCO-NECTには、LINEと連携する機能以外にも「発注業務をスムーズに進める機能」がとても多いです。

次に、「CO-NECTを使って、発注業務を行うのがおすすめの理由」について解説します。

発注業務を効率化するなら、Web受発注システム「CO-NECT」がおすすめ!

Web受発注システム「CO-NECT」には、発注業務のミスを減らして効率化できる機能がたくさんあります。たとえば、次のような機能です。

■CO-NECTで効率化できる発注業務の例
・効率化できる例1:発注時に自動で発注書の作成・送信ができる
選択した発注情報から発注書が自動で作成できるため、発注データの誤入力による発注ミスが減ります。

・効率化できる例2:過去の発注履歴から再発注する機能がある
→発注履歴の下に「再発注する」ボタンがあり、選択すると過去の発注情報を選択した状態で発注画面が開きます。そのため、発注情報を再入力する時間がかかりません。

・機能3:発注情報を管理しやすい、発注レポート機能がある
以下のように、発注数などが確認しやすいレポート機能があります。そのため、発注情報の管理がしやすくなるのです。

(引用元:https://support.conct.jp/hc/ja/articles/360034372492-発注情報の発注レポート

このように、発注業務の悩みを解決できる機能がとても豊富です。

また、「LINEで簡単に発注できる分、発注に失敗してしまったときの対処が気になる……」と思った方向けに、「発注失敗を通知する機能」も用意されています!

具体的に言うと、FAXで発注に失敗した場合は、以下のように通知が届くのです。

LINEで発注したいという方はもちろん、「発注業務にかかる工数を抑えたい!」という方にもCO-NECTはおすすめです。

「CO-NECT」は無料で使える!

CO-NECTをおすすめする大きな理由の一つが、発注機能が無料で使える点です。
発注回数の上限もなく、仕入れ先(受注側企業)がCO-NECTを導入していなくても発注ができることに加え、初期費用・利用料共にかからないので、デメリットがありません。
有料システムを入れるには社内稟議や検討に長い時間がかかってしまう事も多いですが、CO-NECTなら今日からでもLINE発注を始めることが可能です。

CO-NECT発注ページの「今すぐ無料で利用する」ボタンから利用を開始できます。

CO-NECTの発注機能はこちら

LINE発注で受注側も楽になる!

取引先がLINE発注をすることで、受注側も受注管理が便利になります。

■CO-NECTで効率化できる業務の例
1.発注書の読みにくさによる、電話確認の手間が減る
2.受注データを一覧で確認できるため、受注の状態が確認しやすい

■受注一覧画面の例:

3.受注データから伝票・納品書などが作成できるため、再入力の手間がない
→以下のように、受注詳細画面に作成用のボタンがあります

受注側も以下から簡単に無料登録できるので、まずは利用してみてはいかがでしょうか。

無料でCO-NECTを始める

LINEとWeb受発注システムを連携して、発注しやすい環境を作ろう

今回は、LINEとWeb受発注システムを連携するメリットや、具体的な連携方法などについて解説しました。最後に、ここまでの内容をまとめます。

・LINEとCO-NECTは、3ステップで連携できる!
・CO-NECTの発注機能は無料で使える!

【LINEと連携して発注するメリット】
①LINEさえあればすぐに発注できる
②仕事が忙しくても発注しやすい
③パソコンが開けない状況でも、簡単に発注できる

【CO-NECTには、業務効率化につながる機能も豊富】
①発注時に自動で発注書の作成・送信ができる
②過去の発注履歴から再発注する機能がある
③発注情報を管理しやすい、発注レポート機能がある

LINEで発注できるWeb受発注システムを探しているなら、「CO-NECT」がおすすめです。CO-NECTではLINEで発注できるのはもちろん、発注ミスを減らしたり、発注業務を効率化できる機能がとても豊富です。

発注ユーザーは完全無料で様々な機能が使えるので、まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

CO-NECTの詳細はこちら

関連記事