1. HOME
  2. ブログ
  3. 【担当者必見】おすすめの販売管理システム15選|選び方やメリットを解説

【担当者必見】おすすめの販売管理システム15選|選び方やメリットを解説

  • 販売管理業務にミスや無駄が多く困っている
  • 販売管理システムが多すぎてどれを導入すればいいのかわからない
  • 自社にぴったりな販売管理システムはないかな?

このような悩みをお持ちではありませんか?

販売に関わる業務全体を管理する販売管理システムの導入には、生産性の向上や売上アップなどの効果が期待できます。

しかし、販売管理システムの導入を検討していても、自社の業種に合っているかや、必要な機能がわかっていないなど、どれを選べばいいのかわからない担当者の方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、製品選びに困っている担当者に向けて、下記の内容を解説します。

  • 販売管理システムの導入に向いている企業
  • 販売管理システムの選び方
  • おすすめの販売管理システム

を紹介します。販売管理システムの選び方や導入するメリットなども解説するので、ぜひご一読ください。

なお、おすすめの販売管理システムをすぐに知りたい方は「おすすめの販売管理システム15選」をご覧ください。

もしも、コスト面を重要視していて、ひとまずは受発注のステータスや、在庫状況と書類の管理ができればよい場合は、販売管理システムは大掛かりなシステムとなり、想定していた予算を上回ってしまう場合があります。

そこでおすすめなのが「CO-NECT」です。CO-NECTは受発注を大幅に効率化できるシステムで、たとえば「システム入力時にミスが発生する」「納品書や請求書の作成が大変」などの悩みは、CO-NECTの導入で自動化できるため、すぐに解決します。

さらにLINEと連携することで、LINEからの発注が可能となるため、取引先に導入してもらいやすいことも魅力です。

CO-NECTの詳細は、以下から気軽にお問い合わせください。

\ まずは2週間の無料トライアルから! /
受発注システム「CO-NECT」

販売管理システムとは

販売管理システムとは、受注から納品までの販売に関わる「お金」と「商品」の流れを管理する機能を搭載したシステムのことです。

一般的な販売管理システムでは、以下の業務を一元管理できます。

業務 内容
お金に関する業務 ・見積もり
・売上
・請求
・入金
・支払い など
商品に関する業務 ・受注
・出荷
・発注
・仕入
・在庫 など

販売管理システムの導入により、販売にかかわる情報を1つのシステムで管理できるため、業務の大幅な効率化が可能です。

そうは言っても、「そもそも、販売管理システムを導入すべきか判断できない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか?このようにお悩みの方に向けて、販売管理システムの導入がおすすめな企業を次章で解説します。

販売管理システムの導入がおすすめな企業

下記の課題がある企業は、販売管理システムの導入がおすすめです。

  • 販売データの収集と分析を効率化したい
  • 顧客情報管理を改善したい
  • 販売チームの生産性を向上させたい

特に、データ収集と分析に時間がかかっている場合は、販売管理システムの導入により大幅な効率化が期待できます。

データ収集と分析が効率化できれば、販売戦略立案や経営判断をスピーディーに行うことが可能です。

一方で、企業が抱えている課題によっては、販売管理システムよりも受発注システムを導入するほうが、課題解決に役立つ場合があります。

たとえば、以下の課題がある場合は、受発注システムの導入がおすすめです。

  • 複数のチャネルからの受発注を管理したい
  • 受注・発注・在庫・配送などのワークフローを自動化したい
  • 顧客の要求に応じて商品の価格・配送先や配送方法を変更したい
  • 受注・発注・在庫などの情報をリアルタイムで共有したい

受発注システムであれば、販売と受注の両方を効率化できます。詳しくは以下の記事で解説しているので、気になる方はご覧ください。

販売管理システムの種類は4つ

販売管理システムは4種類に大別できます。

  • 汎用型
  • 複数業種対応型
  • 特定業種特化型
  • 小規模事業対応型

それぞれの「特徴」と「できること」をまとめると、次のとおりです。

種類 特徴 できること
汎用型 どのような業種でも対応できる販売管理システム 自社に合った機能を追求できる
複数業種対応型 複数の業種に対応した販売管理システム 業種ごとに必要とされる機能がパッケージ化されている
特定業種特化型 飲食業など、特定の業種に特化した販売管理システム 特定の業種に必要な細かな業務に対応している
小規模事業対応型 小規模な企業に向いている販売管理システム 不要とされる機能をオミットしてスリム化している
※オミット:除外すること

上記の販売管理システムの特徴を把握し、自社の業種に適したシステムを選びましょう。

たとえば、業種特有の業務や商習慣がない場合は、どのような業種でも対応できる「汎用型」の販売管理システムがおすすめです。

一方、業種特有の業務・商習慣がある場合は、「複数業種対応型」または「特定業種特化型」のシステムを選ぶと、導入後のカスタマイズの手間やコストを減らせます。

もし、種類毎の各システムをすぐに知りたい場合は、販売管理システムの比較表をご覧ください。

販売管理システムを導入するメリットとデメリット

販売管理システムを導入することにより、下記の5つのメリットがあります。

  1. 販売データの収集と分析が簡単になり、ビジネスの決定に役立つ
  2. カスタマー情報を管理することができ、顧客関係管理(CRM)が改善される
  3. 管理業務が自動化することで、業務効率が改善される
  4. 販売チームのタスクと商談の管理が効率的になり、生産性が向上する
  5. 販売ステータスや商談のトラッキング、レポーティングが容易になる

特に「管理業務が自動化することで、業務が改善される」業務のパフォーマンスにも大きな影響があります。

従来の管理業務ではデータを手入力する必要がありました。しかし、販売管理システムの導入を行うことで手入力が不要になり、作業時間を大幅に削減できます。

また、転記ミスや誤入力などのヒューマンエラーがなくなり、修正の手間がなくなります。くわえて、取引先に迷惑をかけることを防げる点も大きな魅力です。

一方で、販売管理システム導入によるデメリットは下記の通りです。

  1. 導入費用が高い可能性がある
  2. 導入には技術的な知識とリソースが必要にある
  3. 現在のシステムとのインテグレーションに問題が発生する可能性がある
  4. 使いにくいユーザーインターフェースや不具合など、トラブルが起こる可能性がある

中でも、導入費用は気になるのではないでしょうか。

たとえば、オンプレミス型(自社内だけで管理・運用すること)は、数百~数千万円の導入費用が必要なケースも多いです。

もし、販売管理以外にも課題を抱えている場合は、後々さらなる予算が必要となる場合も考えられます。

長期的には、業務コストの削減や売上向上に寄与することも考慮し、導入を検討してみてください。

なお、導入費用が気になる方は、クラウド型がおすすめです。月々の利用料金が必要ですが、初期の導入費用が0円の製品もあるので、ぜひクラウド型も検討してみてください。

販売管理システムの選び方5つ

販売管理システムの選び方は、以下の5つが挙げられます。

  1. 【選び方1】必要な機能で選ぶ
  2. 【選び方2】対応している業務範囲で選ぶ
  3. 【選び方3】企業規模や利用頻度で選ぶ
  4. 【選び方4】クラウド型かオンプレミス型で選ぶ
  5. 【選び方5】サポート体制で選ぶ

特に「企業規模や利用頻度で選ぶ」は、企業規模や利用頻度を考慮せずに販売管理システムを選んでしまうと、余計な手間やコストがかかります。

それぞれ見ていきましょう。

【選び方1】必要な機能で選ぶ

販売管理システムは必要な機能で選びましょう。前述のとおり、販売管理システムには次の4種類があると紹介しました。

  • 汎用型
  • 複数業種対応型
  • 特定業種特化型
  • 小規模事業対応型

自社の業種にあわせて販売管理システムの種類を選べば、販売管理システムのメリットを最大限享受できます。

たとえば、必要な機能のみに絞り「特定業種特化型」「小規模事業対応型」の販売管理システムを選べば、カスタマイズの手間や余計なコストを減らすことも可能です。

場合によっては、販売管理システムではなく受発注システムや在庫管理システムなど、他のシステムの導入も検討しましょう。

たとえば、受発注システムであれば、受注・発注・在庫などの情報をリアルタイムでの共有が可能です。メールやFAXで発注後に電話で確認するなどの手間がかからないため、受注業務を効率化できます。

もし、受注業務の効率化にも興味のある方は、受発注システムをまとめていますので、下記の記事をご覧ください。

【選び方2】対応している業務範囲で選ぶ

販売管理システムが対応している業務範囲も確認しましょう。

販売管理システムは、受注や発注、在庫管理などの「商品」の流れにかかわる機能はシステムごとに違いがあります。

たとえば、価格ばかりを重視してシステムを選んでしまうと、業務内容とうまく連携が取れずに不便な思いをしたり、導入後の機能追加で余計にコストがかかったりする可能性があります。

一方で、ITや広告などの在庫を持たない業種には在庫管理が不要なため、「在庫管理機能」をなくしてコストを抑えたシステムが最適です。

販売管理システムでカバーしたい項目を明確にして、自社の業務範囲に対応した製品を選びましょう。

【選び方3】企業規模や利用頻度で選ぶ

自社の企業規模や利用頻度を考慮して選ぶことも大切です。

たとえば、企業規模や利用頻度に見合わない小規模の販売管理システムを導入した場合、後からカスタマイズが必要となり、余分なコストがかかります。

それとは逆に、企業規模や利用頻度に対して大規模な販売管理システムを選んでしまうと、不要な機能が多すぎて、使いづらい場合があります。

自社の従業員の数や利用頻度を考えて、適切な規模の販売管理システムを選ぶことが大切です。

今後、利用人数が増加する見込みがある場合は、カスタマイズ製の高いものを選んでおくと良いでしょう。

【選び方4】クラウド型かオンプレミス型で選ぶ

販売管理システムには、大きく分けて2つのサービス形態があります。

  • インターネット上のソフトを利用する「クラウド型」
  • 自社にサーバーや通信環境などを用意してシステムを運用する「オンプレミス型」

クラウド型は、月額料金を支払うサービス形態です。

ランニングコストは必要ですが、法改正の対応や機能アップデートなどに対応しています。専門的な知識がなくても、すぐに利用できるのがクラウド型の特徴です。

オンプレミス型はシステムを自由にカスタマイズしたい企業向きです。

自社でシステムを構築するため、既存の業務にあわせて、自社独自の販売管理システムにカスタマイズできます。初期費用が高くなることが多く、専門知識のある担当者を置く必要があるので、クラウド型では対応できない場合に検討するのがおすすめです。

それぞれの特徴を理解して、自社の運用にあわせて選びましょう

【選び方5】サポート体制で選ぶ

販売管理システムの導入には、十分なサポートを受けられるかどうかも重要です。

販売管理システムは特性上、複数の部署が横断的に利用します。ゆえに、システムにトラブルがあると、一連の業務が滞って損害が発生するおそれがあるため注意が必要です。

サポート体制は、運営会社によってさまざまです。対応方法がメールやチャット、電話のどれに対応しているか、対応している曜日や時間が少なすぎないかなど、事前にご確認ください。

システムによっては、有償サポートを用意していることもあります。データのバックアップサービスや操作方法のレクチャーなど、サポート内容や料金はシステムごとに異なるため、一度確認しておくのがおすすめです。

おすすめ販売管理システム15選

販売管理システムは、さまざまなシステムがあり、どの製品を選べばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。 ここからは、おすすめの販売管理システムを具体的に紹介します。

【比較表】おすすめの販売管理システム15選

サービス名 種類 特徴
CO-NECT 汎用型 / クラウド型 ・販売だけではなく受発注の効率化も可能
・LINE連携で受発注が便利になる
楽楽販売 汎用型 / クラウド型 ・プログラミングの知識なしで自由にカスタマイズ可能
・サポート体制が充実
SMILE V Air 販売 汎用型 / クラウド型 ・ニーズに応じて5種類のプランから選択可能
・オンプレミス版もあり
SKit FLEXi 汎用型 / クラウド型 ・運用全体を委託可能
・請求書発行代行・FAX自動送信サービスなどのオプションあり
アラジンオフィス 複数業種対応型 / クラウド型 ・アパレル、食品、医療、鉄鋼、ネジなど各業種特有の商習慣に対応
・サポート体制が充実
楽商 複数業種対応型 / オンプレミス型 ・16種類の特定業種向けパッケージ
・創業50年以上のノウハウに基づくサポート
GEN 複数業種対応型 / クラウド型 ・7種類の業種向けパッケージ
・利用料金はユーザー数単位で課金
クラウドERP ZAC 特定業種特化型 ・案件・プロジェクト型ビジネスに特化
・システム、IT、広告、クリエイティブ、イベント、コンサルティング、士業の業務を統合し効率化
WorkVision販売管理 特定業種特化型 / クラウド型 ・製造業と卸売業に特化
・サブスクリプション方式で導入コストがかからない
懐刀 特定業種特化型 / クラウド型 ・食品業界に特化
・トレーサビリティや直営店管理、通信販売などにも対応
TRADING 特定業種特化型 / オンプレミス型 ・貿易業に特化(近年、食品業界向けも提供開始)
・輸出入・在庫・販売管理をパッケージ化
ApaRevo 特定業種特化型 / オンプレミス型 ・アパレル・ライフスタイル業種特化
・POS、ECなどフロントの仕組みと連携
DeskAssist 小規模事業対応型 / オンプレミス型 ・個人事業主・小規模企業向け
・基本システムとサブシステムを組みあわせてオリジナルソフトを組める
board 小規模事業対応型 / クラウド型 ・在庫管理機能を除いたシステム
・PersonalからPremiumまで4種類のプランを用意
フリーウェイ販売管理 小規模事業対応型 / クラウド型 ・在庫管理機能を除いたシステム
・3ユーザーまで、1,000伝票まで無料

一覧表で、15個の販売管理システムを紹介しました。しかし、それでも「多すぎて迷ってしまう」方もいるのではないでしょうか。

そこで、ここからは特におすすめな5つの販売管理システムに絞って紹介します。

【おすすめ1】CO-NECT

「CO-NECT」は、導入2,500社以上の販売管理システムです。UIがわかりやすく、飲食や美容、建築、製造業など、業界を問わず導入実績があります。

販売管理だけではなく、受発注の効率化も可能です。たとえば、「システム入力時にミスが発生する」「納品書や請求書の作成が大変」などの悩みを、CO-NECTの導入で自動化できるため、すぐに解決します。

また、CO-NECTはLINEとの連携も可能です。LINEで発注を行えることから、取引先の導入も促しやすく、端末の操作が苦手な方にも安心して案内できます。

もし、取引先に導入してもらえなくても、CO-NECT以外で受注した情報を取り込めるため、CO-NECTでの一元管理が可能です。

初期費用0円、月額0円から簡単に始められます。CO-NECTの詳細は、以下のリンクからお気軽にお問い合わせください。

CO-NECTの詳細はこちら

【おすすめ2】楽楽販売

出典:楽楽販売

「楽楽販売」は販売管理業務にかかわる情報を一元管理できる汎用型販売管理システムです。ルーチンワークの自動化やリアルタイムな情報共有などにより、販売管理を効率化できます。

自社の業務内容にあわせて自由にカスタマイズできることが特徴です。プログラミングなどの難しい作業は不要で、独自のシステムを簡単に作れます。

また、導入前の運用提案や3ヶ月の初期導入サポート、サポートセミナーなど、導入前後のサポート体制が充実している点も魅力です。

楽楽販売の詳細はこちら

【おすすめ3】アラジンオフィス

「アラジンオフィス」は中小企業向けの販売管理システムです。

顧客の声を反映したシステムを用意しており、下記それぞれの業種特有の商習慣に対応した機能を備えています。

  • ファッション
  • 食品
  • 化粧品・コスメ
  • 理美容品
  • 医療
  • 鉄鋼・非鉄金属
  • ねじ(金属・部品)

機能のカスタマイズも可能です。

導入前のコンサルティングから、導入時の教育、導入後のシステム運用支援など、サポート体制も充実しています。

アラジンオフィスの詳細はこちら

【おすすめ4】WorkVision販売管理

「WorkVision販売管理」は、製造業・卸売業に特化した構築実績40年超えの販売管理システムです。機械器具、建設資材、電子部品、食品卸売業などへの導入実績を誇り、販売管理業務の大部分を自動化できます。

料金体系は月額15,000円~のサブスクリプション方式です。初期費用を抑えられて、サーバー運用の手間やコストがかからず、高度な販売管理システムを低コストで利用できます。

WorkVision販売管理の詳細はこちら

【おすすめ5】board

出典:board

「board」は個人事業主から従業員100人以上の中小企業向けのクラウド型販売管理システムです。在庫管理機能はありませんが、見積書・請求書作成や受発注管理、入金・支払管理、経営分析などの機能を備えています。

料金プランは個人向けから用意しており、少ない負担で導入可能です。

  • 本格的な販売管理システムではオーバースペックな個人事業主
  • 在庫管理機能が不要な企業

上記の方に向いている販売管理システムです。

boardの詳細はこちら

まとめ:販売管理システムを導入して業務を効率化しよう

この記事では、販売管理システムを紹介しました。

販売管理業務はDX化が推進されており、販売管理システムを導入することで、業務の効率化による生産性向上や売上・顧客データの活用による売上アップが期待できます。

販売管理システムを選ぶ際には、以下の5つのポイントを検討し、自社に最適なシステムを選んでみてください。

  • 必要な機能
  • 対応している業務範囲
  • 企業規模や利用頻度
  • クラウド型かオンプレミス型
  • サポート体制

なお、販売管理システムのようなおおがかりな製品が不要な場合は必要な課題に応じたシステムの導入がおすすめです。

たとえば「CO-NECT」は、受発注業務を大幅に効率化できる受発注システムで、「システム入力時にミスが発生する」「納品書や請求書の作成が大変」などの課題を解決します。

LINEとの連携や発注側は無料で利用できることからも、取引先に導入してもらいやすいことも魅力のひとつです。

CO-NECTの詳細は、以下のリンクからお気軽にお問い合わせください。

\ まずは2週間の無料トライアルから! /
受発注システム「CO-NECT」

関連記事